万葉集3858番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3858番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3858番について

歌番号

3858番

原文

比来之|吾戀力|記集|功尓申者|五位乃冠

訓読

このころの我が恋力記し集め功に申さば五位の冠

かな読み

このころの|あがこひぢから|しるしあつめ|くうにまをさば|ごゐのかがふり

カタカナ読み

コノコロノ|アガコヒヂカラ|シルシアツメ|クウニマヲサバ|ゴヰノカガフリ

ローマ字読み|大文字

KONOKORONO|AGAKOHIJIKARA|SHIRUSHIATSUME|KUNIMAOSABA|GOINOKAGAFURI

ローマ字読み|小文字

konokorono|agakohijikara|shirushiatsume|kunimaosaba|goinokagafuri

左注|左註

右歌二首

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋情|戯笑|嘲笑|誦詠|宴席

校異

特に無し

寛永版本

このころの[寛],
あがこひぢから,[寛]わかこひちから,
しるしあつめ[寛],
くうにまをさば,[寛]くうにまうさは,
ごゐのかがふり,[寛]こゐのかうふり,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました