万葉集3843番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3843番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3843番について

歌番号

3843番

原文

何所曽|真朱穿岳|薦疊|平群乃阿曽我|鼻上乎穿礼

訓読

いづくにぞま朱掘る岡薦畳平群の朝臣が鼻の上を掘れ

かな読み

いづくにぞ|まそほほるをか|こもたたみ|へぐりのあそが|はなのうへをほれ

カタカナ読み

イヅクニゾ|マソホホルヲカ|コモタタミ|ヘグリノアソガ|ハナノウヘヲホレ

ローマ字読み|大文字

IZUKUNIZO|MASOHOHORUOKA|KOMOTATAMI|HEGURINOASOGA|HANANOHEOHORE

ローマ字読み|小文字

izukunizo|masohohoruoka|komotatami|hegurinoasoga|hananoheohore

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|平群広成|嘲笑|戯笑|誦詠|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

いづくにぞ,[寛]いとこにそ,
まそほほるをか,[寛]あかにほるをか,
こもたたみ[寛],
へぐりのあそが,[寛]へくりのあそか,
はなのうへをほれ[寛],

巻数

第16巻

作者

穂積老人

タイトルとURLをコピーしました