万葉集3836番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3836番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3836番について

歌番号

3836番

原文

奈良山乃|兒手柏之|兩面尓|左毛右毛|<侫>人之友

訓読

奈良山の児手柏の両面にかにもかくにも侫人の伴

かな読み

ならやまの|このてかしはの|ふたおもに|かにもかくにも|こびひとのとも

カタカナ読み

ナラヤマノ|コノテカシハノ|フタオモニ|カニモカクニモ|コビヒトノトモ

ローマ字読み|大文字

NARAYAMANO|KONOTEKASHIHANO|FUTAOMONI|KANIMOKAKUNIMO|KOBIHITONOTOMO

ローマ字読み|小文字

narayamano|konotekashihano|futaomoni|kanimokakunimo|kobihitonotomo

左注|左註

右歌一首博士消奈行文大夫作之

事項|分類・ジャンル

雑歌|嘲笑|戯笑|宴席|地名|奈良|植物

校異

俀->侫【尼】【細】【温】|俀->侫【尼】

寛永版本

ならやまの[寛],
このてかしはの[寛],
ふたおもに[寛],
かにもかくにも[寛],
こびひとのとも,[寛]ねしけひとかも,

巻数

第16巻

作者

消奈行文

タイトルとURLをコピーしました