万葉集3879番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3879番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3879番について

歌番号

3879番

原文

堦楯|熊来酒屋尓|真奴良留奴|和之|佐須比立|率而来奈麻之乎|真奴良留奴|和之

訓読

はしたての|熊来酒屋に|まぬらる奴|わし|さすひ立て|率て来なましを|まぬらる奴|わし

かな読み

はしたての|くまきさかやに|まぬらるやつこ|わし|さすひたて|ゐてきなましを|まぬらるやつこ|わし

カタカナ読み

ハシタテノ|クマキサカヤニ|マヌラルヤツコ|ワシ|サスヒタテ|ヰテキナマシヲ|マヌラルヤツコ|ワシ

ローマ字読み|大文字

HASHITATENO|KUMAKISAKAYANI|MANURARUYATSUKO|WASHI|SASUHITATE|ITEKINAMASHIO|MANURARUYATSUKO|WASHI

ローマ字読み|小文字

hashitateno|kumakisakayani|manuraruyatsuko|washi|sasuhitate|itekinamashio|manuraruyatsuko|washi

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|石川|枕詞|中島町|民謡|歌謡|嘲笑|戯笑

校異

特に無し

寛永版本

はしたての[寛],
くまきさかやに[寛],
まぬらるやつこ,[寛]まのらるの,
わし[寛],
さすひたて[寛],
ゐてきなましを[寛],
まぬらるやつこ,[寛]まのらるの,
わし[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました