万葉集3853番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3853番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3853番について

歌番号

3853番

原文

石麻呂尓|吾物申|夏痩尓|<吉>跡云物曽|武奈伎取<喫>|[賣世反也]

訓読

石麻呂に我れ物申す夏痩せによしといふものぞ鰻捕り食せ|[賣世反也]

かな読み

いはまろに|われものまをす|なつやせに|よしといふものぞ|むなぎとりめせ

カタカナ読み

イハマロニ|ワレモノマヲス|ナツヤセニ|ヨシトイフモノゾ|ムナギトリメセ

ローマ字読み|大文字

IHAMARONI|WAREMONOMAOSU|NATSUYASENI|YOSHITOIFUMONOZO|MUNAGITORIMESE

ローマ字読み|小文字

ihamaroni|waremonomaosu|natsuyaseni|yoshitoifumonozo|munagitorimese

左注|左註

右有吉田連老字曰石麻呂|所謂仁<敬>之子也|其老為人身體甚痩|雖多喫飲形以飢饉|<因>此大伴宿祢家持聊作斯歌以為戯咲也

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉田老|戯笑|嘲笑|動物

校異

告->吉【類】【古】【紀】|食->喫【尼】【類】

寛永版本

いはまろに,[寛]いしまろに,
われものまをす,[寛]われものまうす,
なつやせに[寛],
よしといふものぞ,[寛]よしといふものそ,
むなぎとりめせ,[寛]むなきとりめせ,

巻数

第16巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました