万葉集3830番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3830番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3830番について

歌番号

3830番

原文

玉掃|苅来鎌麻呂|室乃樹|與棗本|可吉将掃為

訓読

玉掃刈り来鎌麻呂むろの木と棗が本とかき掃かむため

かな読み

たまばはき|かりこかままろ|むろのきと|なつめがもとと|かきはかむため

カタカナ読み

タマバハキ|カリコカママロ|ムロノキト|ナツメガモトト|カキハカムタメ

ローマ字読み|大文字

TAMABAHAKI|KARIKOKAMAMARO|MURONOKITO|NATSUMEGAMOTOTO|KAKIHAKAMUTAME

ローマ字読み|小文字

tamabahaki|karikokamamaro|muronokito|natsumegamototo|kakihakamutame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|物名|宴席|戯笑|即興|誦詠|植物

校異

特に無し

寛永版本

たまばはき,[寛]たまははき,
かりこかままろ[寛],
むろのきと[寛],
なつめがもとと,[寛]なつめかもとと,
かきはかむため[寛],

巻数

第16巻

作者

長意吉麻呂

タイトルとURLをコピーしました