万葉集3834番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3834番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3834番について

歌番号

3834番

原文

成棗|寸三二粟嗣|延田葛乃|後毛将相跡|葵花咲

訓読

梨棗黍に粟つぎ延ふ葛の後も逢はむと葵花咲く

かな読み

なしなつめ|きみにあはつぎ|はふくずの|のちもあはむと|あふひはなさく

カタカナ読み

ナシナツメ|キミニアハツギ|ハフクズノ|ノチモアハムト|アフヒハナサク

ローマ字読み|大文字

NASHINATSUME|KIMINIAHATSUGI|HAFUKUZUNO|NOCHIMOAHAMUTO|AFUHIHANASAKU

ローマ字読み|小文字

nashinatsume|kiminiahatsugi|hafukuzuno|nochimoahamuto|afuhihanasaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|植物|物名|宴席|誦詠|戯笑|譬喩|掛詞|序詞

校異

特に無し

寛永版本

なしなつめ[寛],
きみにあはつぎ,[寛]きみにあはつき,
はふくずの,[寛]はふくすの,
のちもあはむと[寛],
あふひはなさく[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました