東歌

スポンサーリンク
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3571番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3571番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3571番について歌番号3571番原文於能豆麻乎|比登乃左刀尓於吉|於保々思久|見都々曽伎奴流|許能美知乃安比太訓読己妻を人の里に置きおほほしく見つつぞ来ぬるこの道の間かな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3572番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3572番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3572番について歌番号3572番原文安杼毛敝可|阿自久麻末乃|由豆流波乃|布敷麻留等伎尓|可是布可受可母訓読あど思へか阿自久麻山の弓絃葉のふふまる時に風吹かずかもかな読みあ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3573番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3573番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3573番について歌番号3573番原文安之比奇能|夜麻可都良加氣|麻之波尓母|衣我多奇可氣乎|於吉夜可良佐武訓読あしひきの山かづらかげましばにも得がたきかげを置きや枯らさむか...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3574番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3574番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3574番について歌番号3574番原文乎佐刀奈流|波奈多知波奈乎|比伎余治弖|乎良無登須礼杼|宇良和可美許曽訓読小里なる花橘を引き攀ぢて折らむとすれどうら若みこそかな読みをさ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3575番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3575番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3575番について歌番号3575番原文美夜自呂乃|可敝尓多弖流|可保我波奈|莫佐吉伊曽祢|許米弖思努波武訓読美夜自呂のすかへに立てるかほが花な咲き出でそねこめて偲はむかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3576番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3576番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3576番について歌番号3576番原文奈波之呂乃|奈宜我波奈乎|伎奴尓須里|奈流留麻尓末仁|安是可加奈思家訓読苗代の小水葱が花を衣に摺りなるるまにまにあぜか愛しけかな読みなは...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3577番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3577番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3577番について歌番号3577番原文可奈思伊毛乎|伊都知由可米等|夜麻須氣乃|曽我比尓宿思久|伊麻之久夜思母訓読愛し妹をいづち行かめと山菅のそがひに寝しく今し悔しもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3566番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3566番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3566番について歌番号3566番原文和伎毛古尓|安我古非思奈婆|曽和敝可毛|加未尓於保世牟|己許呂思良受弖訓読我妹子に我が恋ひ死なばそわへかも神に負ほせむ心知らずてかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3567番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3567番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3567番について歌番号3567番原文於伎弖伊可婆|伊毛婆麻可奈之|母知弖由久|安都佐能由美乃|由都可尓母我毛訓読置きて行かば妹はま愛し持ちて行く梓の弓の弓束にもがもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3568番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3568番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3568番について歌番号3568番原文於久礼為弖|古非波久流思母|安佐我里能|伎美我由美尓母|奈良麻思物能乎訓読後れ居て恋ひば苦しも朝猟の君が弓にもならましものをかな読みおく...
タイトルとURLをコピーしました