山上憶良が作者の万葉集

万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3865番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3865番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3865番について歌番号3865番原文荒雄良者|妻子之産業乎波|不念呂|年之八歳乎|将騰来不座訓読荒雄らは妻子の業をば思はずろ年の八年を待てど来まさずかな読みあらをらは|めこ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3866番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3866番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3866番について歌番号3866番原文奥鳥|鴨云船之|還来者|也良乃守|早告許曽訓読沖つ鳥鴨とふ船の帰り来ば也良の崎守早く告げこそかな読みおきつとり|かもとふふねの|かへりこ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3867番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3867番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3867番について歌番号3867番原文奥鳥|鴨云舟者|也良乃|多未弖榜来跡|所許奴可聞訓読沖つ鳥鴨とふ船は也良の崎廻みて漕ぎ来と聞こえ来ぬかもかな読みおきつとり|かもとふふね...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3868番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3868番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3868番について歌番号3868番原文奥去哉|赤羅小船尓|褁遣者|若人見而|解披見鴨訓読沖行くや赤ら小舟につと遣らばけだし人見て開き見むかもかな読みおきゆくや|あからをぶねに...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3869番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3869番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3869番について歌番号3869番原文大船尓|小船引副|可豆久登毛|志賀乃荒雄尓|潜将相八方訓読大船に小舟引き添へ潜くとも志賀の荒雄に潜き逢はめやもかな読みおほぶねに|をぶね...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3862番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3862番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3862番について歌番号3862番原文志賀乃山|痛勿伐|荒雄良我|余須可乃山跡|見管将偲訓読志賀の山いたくな伐りそ荒雄らがよすかの山と見つつ偲はむかな読みしかのやま|いたくな...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3863番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3863番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3863番について歌番号3863番原文荒雄良我|去尓之日従|志賀乃安麻乃|大浦田沼者|不樂有哉訓読荒雄らが行きにし日より志賀の海人の大浦田沼は寂しくもあるかかな読みあらをらが...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3864番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3864番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3864番について歌番号3864番原文官許曽|指弖毛遣米|情出尓|行之荒雄良|波尓袖振訓読官こそさしても遣らめさかしらに行きし荒雄ら波に袖振るかな読みつかさこそ|さしてもやら...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3860番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3860番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3860番について歌番号3860番原文王之|不遣尓|情進尓|行之荒雄良|奥尓袖振訓読大君の遣はさなくにさかしらに行きし荒雄ら沖に袖振るかな読みおほきみの|つかはさなくに|さか...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3861番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3861番について歌番号3861番原文荒雄良乎|将来可不来可等|飯盛而|門尓出立|雖待来不座訓読荒雄らを来むか来じかと飯盛りて門に出で立ち待てど来まさずかな読みあらをらを|こ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1716番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1716番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1716番について歌番号1716番原文白那弥|濱松之木乃|手酬草|幾世左右二箇|年薄經濫訓読白波の浜松の木の手向けくさ幾代までにか年は経ぬらむかな読みしらなみ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1537番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1537番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1537番について歌番号1537番原文秋野尓|咲有花乎|指折|可伎數者|七種花|訓読秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花|かな読みあきののに|さきた...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1538番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1538番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1538番について歌番号1538番原文芽之花|乎花葛花|瞿麦之花|姫部志|又藤袴|朝皃之花|訓読萩の花尾花葛花なでしこの花をみなへしまた藤袴朝顔の花|かな読み...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1519番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1519番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1519番について歌番号1519番原文久方之|漢尓|船泛而|今夜可君之|我許来益武訓読久方の天の川瀬に舟浮けて今夜か君が我がり来まさむかな読みひさかたの|あま...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1520番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1520番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1520番について歌番号1520番原文牽牛者|織女等|天地之|別時|伊奈宇之呂|河向立|空|不安久尓|嘆空|不安久尓|青浪尓|望者多要奴|白雲尓|渧者盡奴|如...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1521番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1521番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1521番について歌番号1521番原文風雲者|二岸尓|可欲倍杼母|吾遠嬬之||事曽不通訓読風雲は二つの岸に通へども我が遠妻の||言ぞ通はぬかな読みかぜくもは|...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1522番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1522番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1522番について歌番号1522番原文多夫手二毛|投越都倍|天漢|敝太而礼婆可母|安麻多須辨奈吉訓読たぶてにも投げ越しつべき天の川隔てればかもあまたすべなきか...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1523番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1523番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1523番について歌番号1523番原文秋風之|吹尓之日従|何時可登|吾待戀之|君曽来座流訓読秋風の吹きにし日よりいつしかと我が待ち恋ひし君ぞ来ませるかな読みあ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1524番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1524番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1524番について歌番号1524番原文天漢|伊刀河浪者|多々祢杼母|伺候難之|近此瀬呼訓読天の川いと川波は立たねどもさもらひかたし近きこの瀬をかな読みあまのが...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1525番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1525番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1525番について歌番号1525番原文袖振者|見毛可波之都倍久|雖近|度為便無|秋西安良祢波訓読袖振らば見も交しつべく近けども渡るすべなし秋にしあらねばかな読...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1526番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1526番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1526番について歌番号1526番原文玉蜻蜒|髣髴所見而|別去者|毛等奈也戀牟|相時麻而波訓読玉かぎるほのかに見えて別れなばもとなや恋ひむ逢ふ時まではかな読み...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1527番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1527番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1527番について歌番号1527番原文牽牛之|迎嬬船|己藝出良之|漢原尓|霧之立波訓読彦星の妻迎へ舟漕ぎ出らし天の川原に霧の立てるはかな読みひこほしの|つまむ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1528番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1528番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1528番について歌番号1528番原文霞立|天河原尓|待君登|伊徃尓|裳襴所沾訓読霞立つ天の川原に君待つとい行き帰るに裳の裾濡れぬかな読みかすみたつ|あまのか...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1529番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1529番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1529番について歌番号1529番原文天河|浮津之浪音|佐和久奈里|吾待君思|舟出為良之母訓読天の川浮津の波音騒くなり我が待つ君し舟出すらしもかな読みあまのが...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1518番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1518番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1518番について歌番号1518番原文天漢|相向立而|吾戀之|君来益奈利|紐解設奈|訓読天の川相向き立ちて我が恋ひし君来ますなり紐解き設けな|かな読みあまのが...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集978番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集978番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集978番について歌番号978番原文士也母|空應有|萬代尓|語續可|名者不立之而訓読士やも空しくあるべき万代に語り継ぐべき名は立てずしてかな読みをのこやも|むなし...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集892番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集892番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集892番について歌番号892番原文風雜|雨布流欲乃|雨雜|雪布流欲波|為部母奈久|寒之安礼婆|堅塩乎|取都豆之呂比|糟湯酒|宇知須々呂比弖|之夫可比|鼻i之i之...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集893番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集893番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集893番について歌番号893番原文世間乎|宇之等夜佐之等|於母倍杼母|飛立可祢都|鳥尓之安良祢婆訓読世間を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねばかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集894番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集894番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集894番について歌番号894番原文神代欲理|云傳久良久|虚見通|倭國者|皇神能|伊都久志吉國|言霊能|佐吉播布國等|加多利継|伊比都賀比計理|今世能|人母許等期...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集895番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集895番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集895番について歌番号895番原文大伴|御津松原|可吉掃弖|和礼立待|速歸坐勢訓読大伴の御津の松原かき掃きて我れ立ち待たむ早帰りませかな読みおほともの|みつのま...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集896番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集896番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集896番について歌番号896番原文難波津尓|美船泊農等|吉許延許婆|紐解佐氣弖|多知婆志利勢武訓読難波津に御船泊てぬと聞こえ来ば紐解き放けて立ち走りせむかな読み...
万葉集|第なし巻の和歌一覧

万葉集番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集番について歌番号無記1番原文竊以|朝夕佃食山野者|猶無灾害而得度世||晝夜釣漁河海者|尚有慶福而全經俗||况乎我従胎生迄于今日|自有修善之志|曽無作悪之心||所以礼拜...
万葉集|第なし巻の和歌一覧

万葉集番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集番について歌番号無記2番原文竊以|釋慈之示教||先開三歸||五戒而化法界||周孔之垂訓前張三綱||五教以濟邦國|故知|引導雖二|得悟惟一也|但以世無恒質|所以陵谷更變...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集880番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集880番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集880番について歌番号880番原文阿麻社迦留|比奈尓伊都等世|周麻比都々|美夜故能提夫利|和周良延尓家利訓読天離る鄙に五年住まひつつ都のてぶり忘らえにけりかな読...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集897番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集897番について歌番号897番原文霊剋|内限者||平氣久|安久母阿良牟遠|事母無|裳無母阿良牟遠|世間能|宇計久都良計久|伊等能伎提|痛伎瘡尓波|塩遠|潅知布何...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集881番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集881番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集881番について歌番号881番原文加久能夜|伊吉豆伎遠良牟|阿良多麻能|吉倍由久等志乃|可伎利斯良受提訓読かくのみや息づき居らむあらたまの来経行く年の限り知らず...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集898番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集898番について歌番号898番原文奈具佐牟留|心波奈之尓|雲隠|鳴徃鳥乃|祢能尾志奈可由訓読慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音のみし泣かゆかな読みなぐさむる|...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集882番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集882番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集882番について歌番号882番原文阿我農斯能|美多麻々々比弖|波流佐良婆|奈良能美夜故尓|咩佐宜多麻波祢訓読我が主の御霊賜ひて春さらば奈良の都に召上げたまはねか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集899番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集899番について歌番号899番原文周弊母奈久|苦志久阿礼婆|出波之利|伊奈々等思騰|許良尓夜利奴訓読すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へどこらに障りぬかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集886番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集886番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集886番について歌番号886番原文宇知比佐受|宮弊能保留等|多羅知斯夜|波々何手波奈例|常斯良奴|國乃意久迦袁|百重山|越弖須由伎|伊都斯可母|京師乎美武等|意...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集900番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集900番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集900番について歌番号900番原文富人能|家能子等能|伎留身奈美|久多志須都良牟|絁綿良波母訓読富人の家の子どもの着る身なみ腐し捨つらむ絹綿らはもかな読みとみひ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集887番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集887番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集887番について歌番号887番原文多良知子能|波々何目美受提|意保々斯久|伊豆知武伎提可|阿我和可留良武訓読たらちしの母が目見ずておほほしくいづち向きてか我が別...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集901番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集901番について歌番号901番原文麁妙能|布衣遠陀尓|伎世難尓|可久夜歎敢|世牟周弊遠奈美訓読荒栲の布衣をだに着せかてにかくや嘆かむ為むすべをなみかな読みあらた...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集888番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集888番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集888番について歌番号888番原文都祢斯良農|道乃長手袁|久礼々々等|伊可尓可由迦牟|可利弖波奈斯尓|訓読常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行かむ糧はなしに|...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集902番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集902番について歌番号902番原文水沫奈須|微命母|栲縄能|千尋尓母何等|慕久良志都訓読水沫なすもろき命も栲縄の千尋にもがと願ひ暮らしつかな読みみなわなす|もろ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集889番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集889番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集889番について歌番号889番原文家尓阿利弖|波々何刀利美婆|奈具佐牟流|許々呂波阿良麻志|斯奈婆斯農等母|訓読家にありて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集903番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集903番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集903番について歌番号903番原文倭手纒|數母不在|身尓波在等|千年尓母等|意母保由留加母|訓読しつたまき数にもあらぬ身にはあれど千年にもがと思ほゆるかも|かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集890番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集890番について歌番号890番原文出弖由伎斯|日乎可俗閇都々|家布々々等|阿袁麻多周良武|知々波々良波母|訓読出でて行きし日を数へつつ今日今日と我を待たすらむ父...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集891番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集891番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集891番について歌番号891番原文一世尓波|二遍美延農|知々波々袁|意伎弖夜奈何久|阿我和加礼南|訓読一世にはふたたび見えぬ父母を置きてや長く我が別れなむ|かな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集868番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集868番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集868番について歌番号868番原文麻都良我多|佐欲比賣能故何|比列布利斯|夜麻能名乃夜|伎々都々遠良武訓読松浦県佐用姫の子が領巾振りし山の名のみや聞きつつ居らむ...
タイトルとURLをコピーしました