万葉集1522番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1522番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1522番について

歌番号

1522番

原文

多夫手二毛|投越都倍<吉>|天漢|敝太而礼婆可母|安麻多須辨奈吉

訓読

たぶてにも投げ越しつべき天の川隔てればかもあまたすべなき

かな読み

たぶてにも|なげこしつべき|あまのがは|へだてればかも|あまたすべなき

カタカナ読み

タブテニモ|ナゲコシツベキ|アマノガハ|ヘダテレバカモ|アマタスベナキ

ローマ字読み|大文字

TABUTENIMO|NAGEKOSHITSUBEKI|AMANOGAHA|HEDATEREBAKAMO|AMATASUBENAKI

ローマ字読み|小文字

tabutenimo|nagekoshitsubeki|amanogaha|hedaterebakamo|amatasubenaki

左注|左註

右天平元年七月七日夜憶良仰觀天河|[一云|帥家作]

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

伎->吉【類】【紀】

寛永版本

たぶてにも,[寛]たふてにも,
なげこしつべき,[寛]なけこしつへき,
あまのがは,[寛]あまのかは,
へだてればかも,[寛]へたてれはかも,
あまたすべなき,[寛]あまたすへなき,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました