万葉集1526番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1526番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1526番について

歌番号

1526番

原文

玉蜻蜒|髣髴所見而|別去者|毛等奈也戀牟|相時麻而波

訓読

玉かぎるほのかに見えて別れなばもとなや恋ひむ逢ふ時までは

かな読み

たまかぎる|ほのかにみえて|わかれなば|もとなやこひむ|あふときまでは

カタカナ読み

タマカギル|ホノカニミエテ|ワカレナバ|モトナヤコヒム|アフトキマデハ

ローマ字読み|大文字

TAMAKAGIRU|HONOKANIMIETE|WAKARENABA|MOTONAYAKOHIMU|AFUTOKIMADEHA

ローマ字読み|小文字

tamakagiru|honokanimiete|wakarenaba|motonayakohimu|afutokimadeha

左注|左註

右天平二年七月八日夜帥家集會

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

たまかぎる,[寛]かけろふの,
ほのかにみえて[寛],
わかれなば,[寛]わかれなは,
もとなやこひむ[寛],
あふときまでは,[寛]あふときまては,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました