万葉集1716番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1716番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1716番について

歌番号

1716番

原文

白那弥<乃>|濱松之木乃|手酬草|幾世左右二箇|年薄經濫

訓読

白波の浜松の木の手向けくさ幾代までにか年は経ぬらむ

かな読み

しらなみの|はままつのきの|たむけくさ|いくよまでにか|としはへぬらむ

カタカナ読み

シラナミノ|ハママツノキノ|タムケクサ|イクヨマデニカ|トシハヘヌラム

ローマ字読み|大文字

SHIRANAMINO|HAMAMATSUNOKINO|TAMUKEKUSA|IKUYOMADENIKA|TOSHIHAHENURAMU

ローマ字読み|小文字

shiranamino|hamamatsunokino|tamukekusa|ikuyomadenika|toshihahenuramu

左注|左註

右一首或云川嶋皇子御作歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|川島皇子|異伝|重出|和歌山|羈旅|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|之->乃【藍】【壬】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しらなみの[寛],
はままつのきの[寛],
たむけくさ[寛],
いくよまでにか,[寛]いくよまてにか,
としはへぬらむ[寛],

巻数

第9巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました