万葉集1523番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1523番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1523番について

歌番号

1523番

原文

秋風之|吹尓之日従|何時可登|吾待戀之|君曽来座流

訓読

秋風の吹きにし日よりいつしかと我が待ち恋ひし君ぞ来ませる

かな読み

あきかぜの|ふきにしひより|いつしかと|あがまちこひし|きみぞきませる

カタカナ読み

アキカゼノ|フキニシヒヨリ|イツシカト|アガマチコヒシ|キミゾキマセル

ローマ字読み|大文字

AKIKAZENO|FUKINISHIHIYORI|ITSUSHIKATO|AGAMACHIKOHISHI|KIMIZOKIMASERU

ローマ字読み|小文字

akikazeno|fukinishihiyori|itsushikato|agamachikohishi|kimizokimaseru

左注|左註

右天平二年七月八日夜帥家集會

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あきかぜの,[寛]あきかせの,
ふきにしひより[寛],
いつしかと[寛],
あがまちこひし,[寛]わかまちこひし,
きみぞきませる,[寛]きみそきませる,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました