万葉集1527番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1527番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1527番について

歌番号

1527番

原文

牽牛之|迎嬬船|己藝出良之|<天>漢原尓|霧之立波

訓読

彦星の妻迎へ舟漕ぎ出らし天の川原に霧の立てるは

かな読み

ひこほしの|つまむかへぶね|こぎづらし|あまのかはらに|きりのたてるは

カタカナ読み

ヒコホシノ|ツマムカヘブネ|コギヅラシ|アマノカハラニ|キリノタテルハ

ローマ字読み|大文字

HIKOHOSHINO|TSUMAMUKAHEBUNE|KOGIZURASHI|AMANOKAHARANI|KIRINOTATERUHA

ローマ字読み|小文字

hikohoshino|tsumamukahebune|kogizurashi|amanokaharani|kirinotateruha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

->天【類】【紀】

寛永版本

ひこほしの[寛],
つまむかへぶね,[寛]つまむかへふね,
こぎづらし,[寛]こきいつらし,
あまのかはらに[寛],
きりのたてるは,[寛]きりのたてれは,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました