万葉集1521番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1521番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1521番について

歌番号

1521番

原文

風雲者|二岸尓|可欲倍杼母|吾遠嬬之|[一云|波之嬬乃]|事曽不通

訓読

風雲は二つの岸に通へども我が遠妻の|[一云|愛し妻の]|言ぞ通はぬ

かな読み

かぜくもは|ふたつのきしに|かよへども|わがとほづまの[はしつまの]|ことぞかよはぬ

カタカナ読み

カゼクモハ|フタツノキシニ|カヨヘドモ|ワガトホヅマノ[ハシツマノ]|コトゾカヨハヌ

ローマ字読み|大文字

KAZEKUMOHA|FUTATSUNOKISHINI|KAYOHEDOMO|WAGATOHOZUMANO[HASHITSUMANO]|KOTOZOKAYOHANU

ローマ字読み|小文字

kazekumoha|futatsunokishini|kayohedomo|wagatohozumano[hashitsumano]|kotozokayohanu

左注|左註

右天平元年七月七日夜憶良仰觀天河|[一云|帥家作]

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かぜくもは,[寛]かせくもは,
ふたつのきしに[寛],
かよへども,[寛]かよへとも,
わがとほづまの,[寛]わかとほつまの,
[はしつまの],
ことぞかよはぬ,[寛]ことそかよはぬ,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました