万葉集1529番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1529番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1529番について

歌番号

1529番

原文

天河|浮津之浪音|佐和久奈里|吾待君思|舟出為良之母

訓読

天の川浮津の波音騒くなり我が待つ君し舟出すらしも

かな読み

あまのがは|うきつのなみおと|さわくなり|わがまつきみし|ふなですらしも

カタカナ読み

アマノガハ|ウキツノナミオト|サワクナリ|ワガマツキミシ|フナデスラシモ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|UKITSUNONAMIOTO|SAWAKUNARI|WAGAMATSUKIMISHI|FUNADESURASHIMO

ローマ字読み|小文字

amanogaha|ukitsunonamioto|sawakunari|wagamatsukimishi|funadesurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
うきつのなみおと,[寛]うきつのなみと,
さわくなり[寛],
わがまつきみし,[寛]わかまつきみし,
ふなですらしも,[寛]ふなてすらしも,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました