万葉集1538番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1538番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1538番について

歌番号

1538番

原文

芽之花|乎花葛花|瞿麦之花|姫部志|又藤袴|朝皃之花|[其二]

訓読

萩の花尾花葛花なでしこの花をみなへしまた藤袴朝顔の花|[其二]

かな読み

はぎのはな|をばなくずはな|なでしこのはな|をみなへし|またふぢはかま|あさがほのはな

カタカナ読み

ハギノハナ|ヲバナクズハナ|ナデシコノハナ|ヲミナヘシ|マタフヂハカマ|アサガホノハナ

ローマ字読み|大文字

HAGINOHANA|OBANAKUZUHANA|NADESHIKONOHANA|OMINAHESHI|MATAFUJIHAKAMA|ASAGAHONOHANA

ローマ字読み|小文字

haginohana|obanakuzuhana|nadeshikonohana|ominaheshi|matafujihakama|asagahonohana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|秋七草|詠物歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

はぎのはな,[寛]はきのはな,
をばなくずはな,[寛]をはなくすはな,
なでしこのはな,[寛]なてしこのはな,
をみなへし[寛],
またふぢはかま,[寛]またふちはかま,
あさがほのはな,[寛]あさかほのはな,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました