万葉集1518番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1518番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1518番について

歌番号

1518番

原文

天漢|相向立而|吾戀之|君来益奈利|紐解設奈|[一云|向河]

訓読

天の川相向き立ちて我が恋ひし君来ますなり紐解き設けな|[一云|川に向ひて]

かな読み

あまのがは|あひむきたちて|あがこひし|きみきますなり|ひもときまけな|[かはにむかひて]

カタカナ読み

アマノガハ|アヒムキタチテ|アガコヒシ|キミキマスナリ|ヒモトキマケナ|[カハニムカヒテ]

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|AHIMUKITACHITE|AGAKOHISHI|KIMIKIMASUNARI|HIMOTOKIMAKENA|[KAHANIMUKAHITE]

ローマ字読み|小文字

amanogaha|ahimukitachite|agakohishi|kimikimasunari|himotokimakena|[kahanimukahite]

左注|左註

右養老八年七月七日應令

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

巨->臣【類】【紀】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
あひむきたちて,[寛]こむかひたちて,
あがこひし,[寛]わかこひし,
きみきますなり[寛],
ひもときまけな,[寛]ひも*****,
[かはにむかひて],[寛]かはにむかひ,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました