万葉集1524番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1524番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1524番について

歌番号

1524番

原文

天漢|伊刀河浪者|多々祢杼母|伺候難之|近此瀬呼

訓読

天の川いと川波は立たねどもさもらひかたし近きこの瀬を

かな読み

あまのがは|いとかはなみは|たたねども|さもらひかたし|ちかきこのせを

カタカナ読み

アマノガハ|イトカハナミハ|タタネドモ|サモラヒカタシ|チカキコノセヲ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|ITOKAHANAMIHA|TATANEDOMO|SAMORAHIKATASHI|CHIKAKIKONOSEO

ローマ字読み|小文字

amanogaha|itokahanamiha|tatanedomo|samorahikatashi|chikakikonoseo

左注|左註

右天平二年七月八日夜帥家集會

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
いとかはなみは[寛],
たたねども,[寛]たたねとも,
さもらひかたし,[寛]うかかひかたし,
ちかきこのせを[寛],

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました