万葉集1537番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1537番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1537番について

歌番号

1537番

原文

秋野尓|咲有花乎|指折|可伎數者|七種花|[其一]

訓読

秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花|[其一]

かな読み

あきののに|さきたるはなを|およびをり|かきかぞふれば|ななくさのはな

カタカナ読み

アキノノニ|サキタルハナヲ|オヨビヲリ|カキカゾフレバ|ナナクサノハナ

ローマ字読み|大文字

AKINONONI|SAKITARUHANAO|OYOBIORI|KAKIKAZOFUREBA|NANAKUSANOHANA

ローマ字読み|小文字

akinononi|sakitaruhanao|oyobiori|kakikazofureba|nanakusanohana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|詠物詩|植物

校異

巨->臣【紀】【細】【温】|->歌【類】【矢】【京】

寛永版本

あきののに[寛],
さきたるはなを[寛],
およびをり,[寛]てをりて,
かきかぞふれば,[寛]かきかそふれは,
ななくさのはな[寛],

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました