万葉集1519番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1519番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1519番について

歌番号

1519番

原文

久方之|漢<瀬>尓|船泛而|今夜可君之|我許来益武

訓読

久方の天の川瀬に舟浮けて今夜か君が我がり来まさむ

かな読み

ひさかたの|あまのかはせに|ふねうけて|こよひかきみが|わがりきまさむ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマノカハセニ|フネウケテ|コヨヒカキミガ|ワガリキマサム

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMANOKAHASENI|FUNEUKETE|KOYOHIKAKIMIGA|WAGARIKIMASAMU

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amanokahaseni|funeukete|koyohikakimiga|wagarikimasamu

左注|左註

右神亀元年七月七日夜左大臣宅

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

漢【京】天漢|->瀬【類】【矢】

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまのかはせに[寛],
ふねうけて[寛],
こよひかきみが,[寛]こよひかきみか,
わがりきまさむ,[寛]わかりきまさむ,

巻数

第8巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました