大阪

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4482番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4482番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4482番について歌番号4482番原文保里延故要|等保伎佐刀麻弖|於久利家流|伎美我許己呂波|和須良由麻之訓読堀江越え遠き里まで送り来る君が心は忘らゆましじかな読みほりえこえ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4462番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4462番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4462番について歌番号4462番原文布奈藝保布|保利江乃可波乃|美奈伎波尓|伎為都々奈久波|美夜故杼里香蒙訓読舟競ふ堀江の川の水際に来居つつ鳴くは都鳥かもかな読みふなぎほふ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4458番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4458番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4458番について歌番号4458番原文尓保杼里乃|於吉奈我河波半|多延奴等母|伎美尓可多良武|己等都奇米也母|訓読にほ鳥の息長川は絶えぬとも君に語らむ言尽きめやも|かな読みに...
スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4459番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4459番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4459番について歌番号4459番原文蘆苅尓|保江許具奈流|可治能於等波|於保美也比等能|未奈伎久麻泥尓訓読葦刈りに堀江漕ぐなる楫の音は大宮人の皆聞くまでにかな読みあしかりに...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4460番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4460番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4460番について歌番号4460番原文保利江己具|伊豆手乃船乃|可治都久米|於等之婆多知奴|美乎波也美加母訓読堀江漕ぐ伊豆手の舟の楫つくめ音しば立ちぬ水脈早みかもかな読みほり...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4461番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4461番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4461番について歌番号4461番原文保里江欲利|美乎左能保流|音乃|麻奈久曽奈良波|古非之可利家留訓読堀江より水脈さかのぼる楫の音の間なくぞ奈良は恋しかりけるかな読みほりえ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4457番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4457番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4457番について歌番号4457番原文須美乃江能|波麻末都我根乃|之多倍弖|和我見流乎努能|久佐奈加利曽祢訓読住吉の浜松が根の下延へて我が見る小野の草な刈りそねかな読みすみの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4433番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4433番について歌番号4433番原文阿佐奈佐奈|安我流比婆理尓|奈里弖之可|美也古尓由伎弖|波夜加弊里許牟訓読朝な朝な上がるひばりになりてしか都に行きて早帰り来むかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4434番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4434番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4434番について歌番号4434番原文比婆里安我流|波流弊等佐夜尓|奈理奴礼波|美夜古母美要受|可須美多奈妣久訓読ひばり上がる春へとさやになりぬれば都も見えず霞たなびくかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4435番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4435番について歌番号4435番原文布敷賣里之|波奈乃波自米尓|許之和礼夜|知里奈牟能知尓|美夜古敝由可無訓読ふふめりし花の初めに来し我れや散りなむ後に都へ行かむかな読みふ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4398番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4398番について歌番号4398番原文大王乃|美己等可之古美|都麻和可礼|可奈之久波安礼特|大夫|情布里於許之|等里与曽比|門出乎須礼婆|多良知祢乃|波々可伎奈埿|若草乃|都...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4399番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4399番について歌番号4399番原文宇奈波良尓|霞多奈妣伎|多頭我祢乃|可奈之伎与比波|久尓之於毛保由訓読海原に霞たなびき鶴が音の悲しき宵は国辺し思ほゆかな読みうなはらに|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4400番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4400番について歌番号4400番原文伊於毛負等|伊乎祢受乎礼婆|多頭我奈久|安之毛美要受|波流乃可須美尓訓読家思ふと寐を寝ず居れば鶴が鳴く葦辺も見えず春の霞にかな読みいへお...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4404番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4404番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4404番について歌番号4404番原文奈尓波治乎|由伎弖久麻弖等|和藝毛古賀|都氣之非毛我乎|多延尓氣流可母訓読難波道を行きて来までと我妹子が付けし紐が緒絶えにけるかもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4380番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4380番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4380番について歌番号4380番原文奈尓波刀乎|己岐埿弖美例婆|可美佐夫流|伊古麻多可祢尓|久毛曽多奈妣久訓読難波津を漕ぎ出て見れば神さぶる生駒高嶺に雲ぞたなびくかな読みな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4395番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4395番について歌番号4395番原文多都多夜麻|見都々古要許之|佐久良波奈|知利加須疑奈牟|和我可敝流刀訓読龍田山見つつ越え来し桜花散りか過ぎなむ我が帰るとにかな読みたつた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4396番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4396番について歌番号4396番原文保理江欲利|安佐之保美知尓|与流許都美|可比尓安里世波|都刀尓勢麻之乎訓読堀江より朝潮満ちに寄る木屑貝にありせばつとにせましをかな読みほ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4397番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4397番について歌番号4397番原文見和多世波|牟加都乎能倍乃|波奈尓保比|弖里氐多弖流|波之伎多我都麻訓読見わたせば向つ峰の上の花にほひ照りて立てるは愛しき誰が妻かな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4361番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4361番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4361番について歌番号4361番原文櫻花|伊麻佐可里奈里|難波乃海|於之弖流宮尓|伎許之賣須奈倍訓読桜花今盛りなり難波の海押し照る宮に聞こしめすなへかな読みさくらばな|いま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4362番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4362番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4362番について歌番号4362番原文海原乃|由多氣伎見都々|安之我知流|奈尓波尓等之波|倍倍久於毛保由訓読海原のゆたけき見つつ葦が散る難波に年は経ぬべく思ほゆかな読みうなは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4363番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4363番について歌番号4363番原文奈尓波都尓|美布祢於呂須恵|夜蘇加奴伎|伊麻波許伎奴等|伊母尓都氣許曽訓読難波津に御船下ろ据ゑ八十楫貫き今は漕ぎぬと妹に告げこそかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4365番について歌番号4365番原文於之弖流夜|奈尓波能利|布奈与曽比|阿例波許藝奴等|伊母尓都岐許曽訓読押し照るや難波の津ゆり船装ひ我れは漕ぎぬと妹に告ぎこそかな読みおし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4360番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4360番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4360番について歌番号4360番原文天皇乃|等保伎美与尓毛|於之弖流|難波乃久尓々|阿米能之多|之良志賣之伎等|伊麻能乎尓|多要受伊比都々|可氣麻久毛|安夜尓可之古志|可武...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4355番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4355番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4355番について歌番号4355番原文余曽尓能美|々弖夜和多良毛|奈尓波我多|久毛為尓美由流|志麻奈良奈久尓訓読よそにのみ見てや渡らも難波潟雲居に見ゆる島ならなくにかな読みよ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4329番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4329番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4329番について歌番号4329番原文夜蘇久尓波|那尓波尓都度比|布奈可射里|安我世武比呂乎|美毛比等母我訓読八十国は難波に集ひ船かざり我がせむ日ろを見も人もがもかな読みやそ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4245番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4245番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4245番について歌番号4245番原文虚見都|山跡乃國|青与之|平城京師由|忍照|難波尓久太里|住吉乃|三津尓能利|直渡|日入國尓|所遣|和我勢能君乎|懸麻久乃|由々志恐伎|...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4056番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4056番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4056番について歌番号4056番原文保里江尓波|多麻之可麻之乎|大皇乎|美敷祢許我牟登|可年弖之里勢婆訓読堀江には玉敷かましを大君を御船漕がむとかねて知りせばかな読みほりえ...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4057番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4057番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4057番について歌番号4057番原文多萬之賀受|伎美我久伊弖伊布|保里江尓波|多麻之伎美弖々|都藝弖可欲波牟|訓読玉敷かず君が悔いて言ふ堀江には玉敷き満てて継ぎて通はむ|か...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4058番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4058番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4058番について歌番号4058番原文多知婆奈能|登乎能多知奈|夜都代尓母|安礼波和須礼自|許乃多知婆奈乎訓読橘のとをの橘八つ代にも我れは忘れじこの橘をかな読みたちばなの|と...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4059番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4059番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4059番について歌番号4059番原文多知婆奈能|之多泥流尓波尓|等能多弖天|佐可弥豆伎伊麻須|和我於保伎美可母訓読橘の下照る庭に殿建てて酒みづきいます我が大君かもかな読みた...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4060番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4060番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4060番について歌番号4060番原文都奇麻知弖|伊敝尓波由可牟|和我佐世流|安加良多知婆奈|可氣尓見要都追訓読月待ちて家には行かむ我が插せる赤ら橘影に見えつつかな読みつきま...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4061番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4061番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4061番について歌番号4061番原文保里江欲里|水乎妣吉之都追|美布祢左須|之津乎能登母波|加波能瀬麻宇勢訓読堀江より水脈引きしつつ御船さすしづ男の伴は川の瀬申せかな読みほ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3821番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3821番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3821番について歌番号3821番原文美麗物|何所不飽矣|坂門等之|角乃布久礼尓|四具比相尓計六訓読うましものいづく飽かじをさかとらが角のふくれにしぐひ合ひにけむかな読みうま...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3801番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3801番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3801番について歌番号3801番原文墨之江之|岸野之榛丹|々穂所經迹|丹穂葉寐我八|丹穂氷而将居|訓読住吉の岸野の榛ににほふれどにほはぬ我れやにほひて居らむ|かな読みすみの...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3808番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3808番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3808番について歌番号3808番原文墨江之|小集樂尓出而|寤尓毛|己妻尚乎|鏡登見津藻訓読住吉の小集楽に出でてうつつにもおの妻すらを鏡と見つもかな読みすみのえの|をづめにい...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3791番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3791番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3791番について歌番号3791番原文緑子之|若子蚊見庭|垂乳為|母所懐|褨襁|平蚊見庭|結經方衣|水津裏丹縫服|頚著之|童子蚊見庭|結幡|袂著衣|服我矣|丹因|子等何四千庭...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3721番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3721番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3721番について歌番号3721番原文奴婆多麻能|欲安可之母布波|許藝由可奈|美都能波麻末都|麻知故非奴良武訓読ぬばたまの夜明かしも船は漕ぎ行かな御津の浜松待ち恋ひぬらむかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3722番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3722番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3722番について歌番号3722番原文大伴乃|美津能等麻里尓|布祢波弖々|多都多能山乎|伊都可故延伊加武訓読大伴の御津の泊りに船泊てて龍田の山をいつか越え行かむかな読みおほと...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3627番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3627番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3627番について歌番号3627番原文安佐散礼婆|伊毛我手尓麻久|可我美奈須|美津能波麻備尓|於保夫祢尓|真可治之自奴伎|可良久尓々|和多理由加武等|多太牟可布|美奴面乎左指...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3586番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3586番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3586番について歌番号3586番原文和我由恵尓|於毛比奈夜勢曽|秋風能|布可武曽能都奇|安波牟母能由恵訓読我がゆゑに思ひな痩せそ秋風の吹かむその月逢はむものゆゑかな読みわが...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3587番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3587番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3587番について歌番号3587番原文多久夫須麻|新羅邊伊麻須|伎美我目乎|家布可安須可登|伊波比弖麻多牟訓読栲衾新羅へいます君が目を今日か明日かと斎ひて待たむかな読みたくぶ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3588番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3588番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3588番について歌番号3588番原文波呂波呂尓|於保由流可母|之可礼杼毛|異情乎|安我毛波奈久尓訓読はろはろに思ほゆるかもしかれども異しき心を我が思はなくにかな読みはろはろ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3589番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3589番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3589番について歌番号3589番原文由布佐礼婆|比具良之伎奈久|伊故麻山|古延弖曽安我久流|伊毛我目乎保里訓読夕さればひぐらし来鳴く生駒山越えてぞ我が来る妹が目を欲りかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3590番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3590番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3590番について歌番号3590番原文伊毛尓安波受|安良婆須敝奈美|伊波祢布牟|伊故麻乃山乎|故延弖曽安我久流訓読妹に逢はずあらばすべなみ岩根踏む生駒の山を越えてぞ我が来るか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3591番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3591番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3591番について歌番号3591番原文妹等安里之|時者安礼杼毛|和可礼弖波|許呂母弖佐牟伎|母能尓曽安里家流訓読妹とありし時はあれども別れては衣手寒きものにぞありけるかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3592番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3592番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3592番について歌番号3592番原文海原尓|宇伎祢世武夜者|於伎都風|伊多久奈布吉曽|妹毛安良奈久尓訓読海原に浮寝せむ夜は沖つ風いたくな吹きそ妹もあらなくにかな読みうなはら...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3593番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3593番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3593番について歌番号3593番原文大伴能|美津尓布奈能里|許藝出而者|伊都礼乃思麻尓|伊保里世武和礼訓読大伴の御津に船乗り漕ぎ出てはいづれの島に廬りせむ我れかな読みおほと...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3594番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3594番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3594番について歌番号3594番原文之保麻都等|安里家流布祢乎|思良受之弖|久夜之久妹乎|和可礼伎尓家利訓読潮待つとありける船を知らずして悔しく妹を別れ来にけりかな読みしほ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3595番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3595番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3595番について歌番号3595番原文安佐妣良伎|許藝弖天久礼婆|牟故能宇良能|之保非能可多尓|多豆我許恵須毛訓読朝開き漕ぎ出て来れば武庫の浦の潮干の潟に鶴が声すもかな読みあ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3581番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3581番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3581番について歌番号3581番原文秋佐良婆|安比見牟毛能乎|奈尓之可母|奇里尓多都倍久|奈氣伎之麻佐牟訓読秋さらば相見むものを何しかも霧に立つべく嘆きしまさむかな読みあき...
タイトルとURLをコピーしました