万葉集3593番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3593番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3593番について

歌番号

3593番

原文

大伴能|美津尓布奈能里|許藝出而者|伊都礼乃思麻尓|伊保里世武和礼

訓読

大伴の御津に船乗り漕ぎ出てはいづれの島に廬りせむ我れ

かな読み

おほともの|みつにふなのり|こぎでては|いづれのしまに|いほりせむわれ

カタカナ読み

オホトモノ|ミツニフナノリ|コギデテハ|イヅレノシマニ|イホリセムワレ

ローマ字読み|大文字

OHOTOMONO|MITSUNIFUNANORI|KOGIDETEHA|IZURENOSHIMANI|IHORISEMUWARE

ローマ字読み|小文字

ohotomono|mitsunifunanori|kogideteha|izurenoshimani|ihorisemuware

左注|左註

右三首臨發之時作歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|出発|難波|大阪|地名

校異

特に無し

寛永版本

おほともの[寛],
みつにふなのり[寛],
こぎでては,[寛]こきいてては,
いづれのしまに,[寛]いつれのしまに,
いほりせむわれ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました