万葉集3808番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3808番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3808番について

歌番号

3808番

原文

墨江之|小集樂尓出而|寤尓毛|己妻尚乎|鏡登見津藻

訓読

住吉の小集楽に出でてうつつにもおの妻すらを鏡と見つも

かな読み

すみのえの|をづめにいでて|うつつにも|おのづますらを|かがみとみつも

カタカナ読み

スミノエノ|ヲヅメニイデテ|ウツツニモ|オノヅマスラヲ|カガミトミツモ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|OZUMENIIDETE|UTSUTSUNIMO|ONOZUMASURAO|KAGAMITOMITSUMO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|ozumeniidete|utsutsunimo|onozumasurao|kagamitomitsumo

左注|左註

右傳云|昔者鄙人|姓名未詳也|于時郷里男女衆集野遊|是會集之中有鄙人|夫婦|其婦容姿端正秀於衆諸|乃彼鄙人之意弥増愛妻之情|而作斯歌賛嘆美皃也

事項|分類・ジャンル

雑歌|歌物語|物語|伝承|歌垣|野遊び|妻讃美|地名|住吉|大阪

校異

歌【西】謌

寛永版本

すみのえの[寛],
をづめにいでて,[寛]をつめにいてて,
うつつにも[寛],
おのづますらを,[寛]さかつますらを,
かがみとみつも,[寛]かかみとみつも,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました