万葉集3582番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3582番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3582番について

歌番号

3582番

原文

大船乎|安流美尓伊太之|伊麻須君|都追牟許等奈久|波也可敝里麻勢

訓読

大船を荒海に出だしいます君障むことなく早帰りませ

かな読み

おほぶねを|あるみにいだし|いますきみ|つつむことなく|はやかへりませ

カタカナ読み

オホブネヲ|アルミニイダシ|イマスキミ|ツツムコトナク|ハヤカヘリマセ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNEO|ARUMINIIDASHI|IMASUKIMI|TSUTSUMUKOTONAKU|HAYAKAHERIMASE

ローマ字読み|小文字

ohobuneo|aruminiidashi|imasukimi|tsutsumukotonaku|hayakaherimase

左注|左註

右十一首贈答

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|贈答|女歌|羈旅|出発|悲別|餞別|恋愛|難波|大阪

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねを,[寛]おほふねを,
あるみにいだし,[寛]あるみにいたし,
いますきみ[寛],
つつむことなく[寛],
はやかへりませ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました