万葉集3587番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3587番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3587番について

歌番号

3587番

原文

多久夫須麻|新羅邊伊麻須|伎美我目乎|家布可安須可登|伊波比弖麻多牟

訓読

栲衾新羅へいます君が目を今日か明日かと斎ひて待たむ

かな読み

たくぶすま|しらきへいます|きみがめを|けふかあすかと|いはひてまたむ

カタカナ読み

タクブスマ|シラキヘイマス|キミガメヲ|ケフカアスカト|イハヒテマタム

ローマ字読み|大文字

TAKUBUSUMA|SHIRAKIHEIMASU|KIMIGAMEO|KEFUKAASUKATO|IHAHITEMATAMU

ローマ字読み|小文字

takubusuma|shirakiheimasu|kimigameo|kefukaasukato|ihahitematamu

左注|左註

右十一首贈答

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|贈答|地名|韓国|枕詞|悲別|羈旅|餞別|女歌|難波|大阪

校異

特に無し

寛永版本

たくぶすま,[寛]たくふすま,
しらきへいます[寛],
きみがめを,[寛]きみかめを,
けふかあすかと[寛],
いはひてまたむ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました