万葉集4061番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4061番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4061番について

歌番号

4061番

原文

保里江欲里|水乎妣吉之都追|美布祢左須|之津乎能登母波|加波能瀬麻宇勢

訓読

堀江より水脈引きしつつ御船さすしづ男の伴は川の瀬申せ

かな読み

ほりえより|みをびきしつつ|みふねさす|しつをのともは|かはのせまうせ

カタカナ読み

ホリエヨリ|ミヲビキシツツ|ミフネサス|シツヲノトモハ|カハノセマウセ

ローマ字読み|大文字

HORIEYORI|MIOBIKISHITSUTSU|MIFUNESASU|SHITSUONOTOMOHA|KAHANOSEMAUSE

ローマ字読み|小文字

horieyori|miobikishitsutsu|mifunesasu|shitsuonotomoha|kahanosemause

左注|左註

右件歌者御船以綱手泝江遊宴之日作也|傳誦之人田邊史福麻呂是也

事項|分類・ジャンル

地名|難波|大阪|宴席|元正天皇|田辺福麻呂|伝誦|行幸|肆宴

校異

特に無し

寛永版本

ほりえより[寛],
みをびきしつつ,[寛]みをひきしつつ,
みふねさす[寛],
しつをのともは[寛],
かはのせまうせ[寛],

巻数

第18巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました