万葉集4400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4400番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集4400番について

歌番号

4400番

原文

伊<弊>於毛負等|伊乎祢受乎礼婆|多頭我奈久|安之<弊>毛美要受|波流乃可須美尓

訓読

家思ふと寐を寝ず居れば鶴が鳴く葦辺も見えず春の霞に

かな読み

いへおもふと|いをねずをれば|たづがなく|あしへもみえず|はるのかすみに

カタカナ読み

イヘオモフト|イヲネズヲレバ|タヅガナク|アシヘモミエズ|ハルノカスミニ

ローマ字読み|大文字

IHEOMOFUTO|IONEZUOREBA|TAZUGANAKU|ASHIHEMOMIEZU|HARUNOKASUMINI

ローマ字読み|小文字

iheomofuto|ionezuoreba|tazuganaku|ashihemomiezu|harunokasumini

左注|左註

右十九日兵部少輔大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月19日年紀|動物|望郷|防人歌|同情|難波|大阪

校異

敝->弊【元】【紀】【細】

寛永版本

いへおもふと[寛],
いをねずをれば,[寛]いをねすをれは,
たづがなく,[寛]たつかなく,
あしへもみえず,[寛]あしへもみえす,
はるのかすみに[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました