万葉集3594番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3594番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3594番について

歌番号

3594番

原文

之保麻都等|安里家流布祢乎|思良受之弖|久夜之久妹乎|和可礼伎尓家利

訓読

潮待つとありける船を知らずして悔しく妹を別れ来にけり

かな読み

しほまつと|ありけるふねを|しらずして|くやしくいもを|わかれきにけり

カタカナ読み

シホマツト|アリケルフネヲ|シラズシテ|クヤシクイモヲ|ワカレキニケリ

ローマ字読み|大文字

SHIHOMATSUTO|ARIKERUFUNEO|SHIRAZUSHITE|KUYASHIKUIMO|WAKAREKINIKERI

ローマ字読み|小文字

shihomatsuto|arikerufuneo|shirazushite|kuyashikuimo|wakarekinikeri

左注|左註

右八首乗船入海路上作歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|悲別|恋情|難波|大阪

校異

之【類】【細】志

寛永版本

しほまつと[寛],
ありけるふねを[寛],
しらずして,[寛]しらすして,
くやしくいもを[寛],
わかれきにけり[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました