万葉集3589番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3589番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3589番について

歌番号

3589番

原文

由布佐礼婆|比具良之伎奈久|伊故麻山|古延弖曽安我久流|伊毛我目乎保里

訓読

夕さればひぐらし来鳴く生駒山越えてぞ我が来る妹が目を欲り

かな読み

ゆふされば|ひぐらしきなく|いこまやま|こえてぞあがくる|いもがめをほり

カタカナ読み

ユフサレバ|ヒグラシキナク|イコマヤマ|コエテゾアガクル|イモガメヲホリ

ローマ字読み|大文字

YUFUSAREBA|HIGURASHIKINAKU|IKOMAYAMA|KOETEZOAGAKURU|IMOGAMEOHORI

ローマ字読み|小文字

yufusareba|higurashikinaku|ikomayama|koetezoagakuru|imogameohori

左注|左註

右一首秦間満

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|地名|奈良|難波|大阪|出発|羈旅|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ゆふされば,[寛]ゆふされは,
ひぐらしきなく,[寛]ひくらしきなく,
いこまやま[寛],
こえてぞあがくる,[寛]こえてそあかくる,
いもがめをほり,[寛]いもかめをほり,

巻数

第15巻

作者

秦間満

タイトルとURLをコピーしました