万葉集4057番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4057番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4057番について

歌番号

4057番

原文

多萬之賀受|伎美我久伊弖伊布|保里江尓波|多麻之伎美弖々|都藝弖可欲波牟|[或云|多麻古伎之伎弖]

訓読

玉敷かず君が悔いて言ふ堀江には玉敷き満てて継ぎて通はむ|[或云|玉扱き敷きて]

かな読み

たましかず|きみがくいていふ|ほりえには|たましきみてて|つぎてかよはむ|[たまこきしきて]

カタカナ読み

タマシカズ|キミガクイテイフ|ホリエニハ|タマシキミテテ|ツギテカヨハム|[タマコキシキテ]

ローマ字読み|大文字

TAMASHIKAZU|KIMIGAKUITEIFU|HORIENIHA|TAMASHIKIMITETE|TSUGITEKAYOHAMU|[TAMAKOKISHIKITE]

ローマ字読み|小文字

tamashikazu|kimigakuiteifu|horieniha|tamashikimitete|tsugitekayohamu|[tamakokishikite]

左注|左註

右<二>首件歌者御船泝江遊宴之日左大臣奏并御製

事項|分類・ジャンル

橘諸兄|宴席|地名|難波|大阪|異伝|推敲|伝誦|行幸

校異

一->二【代匠記精撰本】

寛永版本

たましかず,[寛]たましかす,
きみがくいていふ,[寛]きみかくいていふ,
ほりえには[寛],
たましきみてて[寛],
つぎてかよはむ,[寛]つきてかよはむ,
[たまこきしきて][寛].

巻数

第18巻

作者

元正天皇

タイトルとURLをコピーしました