万葉集3722番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3722番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3722番について

歌番号

3722番

原文

大伴乃|美津能等麻里尓|布祢波弖々|多都多能山乎|伊都可故延伊加武

訓読

大伴の御津の泊りに船泊てて龍田の山をいつか越え行かむ

かな読み

おほともの|みつのとまりに|ふねはてて|たつたのやまを|いつかこえいかむ

カタカナ読み

オホトモノ|ミツノトマリニ|フネハテテ|タツタノヤマヲ|イツカコエイカム

ローマ字読み|大文字

OHOTOMONO|MITSUNOTOMARINI|FUNEHATETE|TATSUTANOYAMAO|ITSUKAKOEIKAMU

ローマ字読み|小文字

ohotomono|mitsunotomarini|funehatete|tatsutanoyamao|itsukakoeikamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|地名|兵庫|姫路|大阪|難波|奈良|帰途

校異

特に無し

寛永版本

おほともの[寛],
みつのとまりに[寛],
ふねはてて[寛],
たつたのやまを[寛],
いつかこえいかむ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました