万葉集4462番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4462番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4462番について

歌番号

4462番

原文

布奈藝保布|保利江乃可波乃|美奈伎波尓|伎為都々奈久波|美夜故杼里香蒙

訓読

舟競ふ堀江の川の水際に来居つつ鳴くは都鳥かも

かな読み

ふなぎほふ|ほりえのかはの|みなきはに|きゐつつなくは|みやこどりかも

カタカナ読み

フナギホフ|ホリエノカハノ|ミナキハニ|キヰツツナクハ|ミヤコドリカモ

ローマ字読み|大文字

FUNAGIHOFU|HORIENOKAHANO|MINAKIHANI|KIITSUTSUNAKUHA|MIYAKODORIKAMO

ローマ字読み|小文字

funagihofu|horienokahano|minakihani|kiitsutsunakuha|miyakodorikamo

左注|左註

右三首江邊作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年2月24日年紀|動物|地名|大阪|難波|叙景

校異

特に無し

寛永版本

ふなぎほふ,[寛]ふなきほふ,
ほりえのかはの[寛],
みなきはに[寛],
きゐつつなくは[寛],
みやこどりかも,[寛]みやことりかも,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました