万葉集3588番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3588番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3588番について

歌番号

3588番

原文

波呂波呂尓|於<毛>保由流可母|之可礼杼毛|異情乎|安我毛波奈久尓

訓読

はろはろに思ほゆるかもしかれども異しき心を我が思はなくに

かな読み

はろはろに|おもほゆるかも|しかれども|けしきこころを|あがもはなくに

カタカナ読み

ハロハロニ|オモホユルカモ|シカレドモ|ケシキココロヲ|アガモハナクニ

ローマ字読み|大文字

HAROHARONI|OMOHOYURUKAMO|SHIKAREDOMO|KESHIKIKOKORO|AGAMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

haroharoni|omohoyurukamo|shikaredomo|keshikikokoro|agamohanakuni

左注|左註

右十一首贈答

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|贈答|羈旅|悲別|出発|恋愛|難波|大阪

校異

母->毛【類】【紀】

寛永版本

はろはろに[寛],
おもほゆるかも[寛],
しかれども,[寛]しかれとも,
けしきこころを,[寛]あたしこころを,
あがもはなくに,[寛]あかもはなくに,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました