万葉集3590番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3590番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3590番について

歌番号

3590番

原文

伊毛尓安波受|安良婆須敝奈美|伊波祢布牟|伊故麻乃山乎|故延弖曽安我久流

訓読

妹に逢はずあらばすべなみ岩根踏む生駒の山を越えてぞ我が来る

かな読み

いもにあはず|あらばすべなみ|いはねふむ|いこまのやまを|こえてぞあがくる

カタカナ読み

イモニアハズ|アラバスベナミ|イハネフム|イコマノヤマヲ|コエテゾアガクル

ローマ字読み|大文字

IMONIAHAZU|ARABASUBENAMI|IHANEFUMU|IKOMANOYAMAO|KOETEZOAGAKURU

ローマ字読み|小文字

imoniahazu|arabasubenami|ihanefumu|ikomanoyamao|koetezoagakuru

左注|左註

右一首蹔還私家陳思

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|地名|奈良|難波|大阪|出発|恋情|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

いもにあはず,[寛]いもにあはす,
あらばすべなみ,[寛]あらはすへなみ,
いはねふむ[寛],
いこまのやまを[寛],
こえてぞあがくる,[寛]こえてそあかくる,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました