万葉集3586番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3586番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3586番について

歌番号

3586番

原文

和我由恵尓|於毛比奈夜勢曽|秋風能|布可武曽能都奇|安波牟母能由恵

訓読

我がゆゑに思ひな痩せそ秋風の吹かむその月逢はむものゆゑ

かな読み

わがゆゑに|おもひなやせそ|あきかぜの|ふかむそのつき|あはむものゆゑ

カタカナ読み

ワガユヱニ|オモヒナヤセソ|アキカゼノ|フカムソノツキ|アハムモノユヱ

ローマ字読み|大文字

WAGAYUENI|OMOHINAYASESO|AKIKAZENO|FUKAMUSONOTSUKI|AHAMUMONOYUE

ローマ字読み|小文字

wagayueni|omohinayaseso|akikazeno|fukamusonotsuki|ahamumonoyue

左注|左註

右十一首贈答

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|贈答|出発|悲別|餞別|羈旅|恋情|難波|大阪

校異

特に無し

寛永版本

わがゆゑに,[寛]わかゆゑに,
おもひなやせそ[寛],
あきかぜの,[寛]あきかせの,
ふかむそのつき[寛],
あはむものゆゑ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました