万葉集3592番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3592番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3592番について

歌番号

3592番

原文

海原尓|宇伎祢世武夜者|於伎都風|伊多久奈布吉曽|妹毛安良奈久尓

訓読

海原に浮寝せむ夜は沖つ風いたくな吹きそ妹もあらなくに

かな読み

うなはらに|うきねせむよは|おきつかぜ|いたくなふきそ|いももあらなくに

カタカナ読み

ウナハラニ|ウキネセムヨハ|オキツカゼ|イタクナフキソ|イモモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANI|UKINESEMUYOHA|OKITSUKAZE|ITAKUNAFUKISO|IMOMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

unaharani|ukinesemuyoha|okitsukaze|itakunafukiso|imomoaranakuni

左注|左註

右三首臨發之時作歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|悲別|出発|難波|大阪|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うなはらに[寛],
うきねせむよは[寛],
おきつかぜ,[寛]おきつかせ,
いたくなふきそ[寛],
いももあらなくに[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました