人目

スポンサーリンク
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3935番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3935番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3935番について歌番号3935番原文許母利奴能|之多由孤悲安麻里|志良奈美能|伊知之路久伊泥奴|比登乃師流倍久訓読隠り沼の下ゆ恋ひあまり白波のいちしろく出でぬ人の知るべくか...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3803番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3803番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3803番について歌番号3803番原文隠耳|戀辛苦|山葉従|出来月之|顕者如何訓読隠りのみ恋ふれば苦し山の端ゆ出でくる月の顕さばいかにかな読みこもりのみ|こふればくるし|やま...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3806番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3806番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3806番について歌番号3806番原文事之有者|小泊瀬山乃|石城尓母|隠者共尓|莫思吾背訓読事しあらば小泊瀬山の石城にも隠らばともにな思ひそ我が背かな読みことしあらば|をばつ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3490番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3490番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3490番について歌番号3490番原文安都左由美|須恵波余里祢牟|麻左可許曽|比等目乎於保美|奈乎波思尓於家礼|訓読梓弓末は寄り寝むまさかこそ人目を多み汝をはしに置けれ|かな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3502番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3502番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3502番について歌番号3502番原文和我目豆麻|比等波左久礼杼|安佐我保能|等思佐倍己其登|和波佐可流我倍訓読我が目妻人は放くれど朝顔のとしさへこごと我は離るがへかな読みわ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3463番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3463番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3463番について歌番号3463番原文麻等保久能|野尓毛安波奈牟|己許呂奈久|佐刀乃美奈可尓|安敝流世奈可母訓読ま遠くの野にも逢はなむ心なく里のみ中に逢へる背なかもかな読みま...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3409番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3409番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3409番について歌番号3409番原文伊香保呂尓|安麻久母伊都藝|可奴麻豆久|比等登於多波布|伊射祢志米刀羅訓読伊香保ろに天雲い継ぎかぬまづく人とおたはふいざ寝しめとらかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3414番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3414番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3414番について歌番号3414番原文伊香保呂能|夜左可能為提尓|多都努自能|安良波路萬代母|佐祢乎佐祢弖婆訓読伊香保ろのやさかのゐでに立つ虹の現はろまでもさ寝をさ寝てばかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3374番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3374番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3374番について歌番号3374番原文武蔵野尓|宇良敝可多也伎|麻左弖尓毛|乃良奴伎美我名|宇良尓R尓家里訓読武蔵野に占部肩焼きまさでにも告らぬ君が名占に出にけりかな読みむざ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3376番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3376番について歌番号3376番原文古非思家波|素弖毛布良武乎|牟射志野乃|宇家良我波奈乃|伊呂尓豆奈由米訓読恋しけば袖も振らむを武蔵野のうけらが花の色に出なゆめかな読みこ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3358S1番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3358S1番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3358S1番について歌番号3358異伝歌1番原文麻可奈思美|奴良久波思家良久|佐奈良久波|伊豆能多可祢能|奈流佐波奈須与訓読ま愛しみ寝らくはしけらくさ鳴らくは伊豆の高嶺...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3279番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3279番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3279番について歌番号3279番原文蘆垣之|末掻別而|君越跡|人丹勿告|事者棚知訓読葦垣の末かき分けて君越ゆと人にな告げそ事はたな知れかな読みあしかきの|すゑかきわけて|き...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3284番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3284番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3284番について歌番号3284番原文菅根之|根毛一伏三向凝呂尓|吾念有|妹尓緑而者|言之禁毛|無在乞常|齋戸乎|石相穿居|竹珠乎|無間貫垂|天地之|神祇乎曽吾祈|甚毛為便無...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3184番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3184番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3184番について歌番号3184番原文草枕|去君乎|人目多|袖不振為而|安萬田悔毛訓読草枕旅行く君を人目多み袖振らずしてあまた悔しもかな読みくさまくら|たびゆくきみを|ひとめ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3122番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3122番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3122番について歌番号3122番原文無心|雨尓毛有鹿|人目守|乏妹尓|今日谷相訓読心なき雨にもあるか人目守り乏しき妹に今日だに逢はむをかな読みこころなき|あめにもあるか|ひ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3104番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3104番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3104番について歌番号3104番原文将相者|千遍雖念|蟻通|人眼乎多|戀乍衣居訓読逢はむとは千度思へどあり通ふ人目を多み恋つつぞ居るかな読みあはむとは|ちたびおもへど|あり...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3105番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3105番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3105番について歌番号3105番原文人目太|直不相而|盖雲|吾戀死者|誰名将有裳訓読人目多み直に逢はずてけだしくも我が恋ひ死なば誰が名ならむもかな読みひとめおほみ|ただにあ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3107番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3107番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3107番について歌番号3107番原文空蝉之|人目乎繁|不相而|年之經者|生跡毛奈思訓読うつせみの人目を繁み逢はずして年の経ぬれば生けりともなしかな読みうつせみの|ひとめをし...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3108番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3108番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3108番について歌番号3108番原文空蝉之|人目繁者|夜干玉之|夜夢乎|次而所見欲訓読うつせみの人目繁くはぬばたまの夜の夢にを継ぎて見えこそかな読みうつせみの|ひとめしげく...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3109番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3109番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3109番について歌番号3109番原文慇懃|憶吾妹乎|人言之|繁尓因而|不通比日可聞訓読ねもころに思ふ我妹を人言の繁きによりて淀むころかもかな読みねもころに|おもふわぎもを|...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3110番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3110番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3110番について歌番号3110番原文人言之|繁思有者|君毛吾毛|将絶常云而|相之物鴨訓読人言の繁くしあらば君も我れも絶えむと言ひて逢ひしものかもかな読みひとごとの|しげくし...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3077番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3077番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3077番について歌番号3077番原文三佐呉集|荒礒尓生流|勿謂藻乃|吉名者不|父母者知鞆訓読みさご居る荒礒に生ふるなのりそのよし名は告らじ親は知るともかな読みみさごゐる|あ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3016番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3016番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3016番について歌番号3016番原文山川之|瀧尓益流|戀為登曽|人知尓来|無間念者訓読山川の瀧にまされる恋すとぞ人知りにける間なくし思へばかな読みやまがはの|たきにまされる...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3021番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3021番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3021番について歌番号3021番原文絶沼之|下従者将戀|市白久|人之可知|歎為米也母訓読隠り沼の下ゆは恋ひむいちしろく人の知るべく嘆きせめやもかな読みこもりぬの|したゆはこ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3023番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3023番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3023番について歌番号3023番原文隠沼乃|下従戀餘|白浪之|灼然出|人之可知訓読隠り沼の下ゆ恋ひあまり白波のいちしろく出でぬ人の知るべくかな読みこもりぬの|したゆこひあま...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2984番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2984番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2984番について歌番号2984番原文劔大刀|名之惜毛|吾者無|比来之間|戀之繁尓訓読剣大刀名の惜しけくも我れはなしこのころの間の恋の繁きにかな読みつるぎたち|なのをしけくも...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2947S1番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2947S1番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2947S1番について歌番号2947異伝歌1番原文門出而|吾反側乎|人見可毛|訓読門に出でて我が臥い伏すを人見けむかも|かな読みかどにいでて|わがこいふすを|ひとみけむか...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2947S2番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2947S2番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2947S2番について歌番号2947異伝歌2番原文尓保鳥之|奈柴来乎|人見鴨訓読にほ鳥のなづさひ来しを人見けむかもかな読みにほどりの|なづさひこしを|ひとみけむかもカタカ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2958番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2958番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2958番について歌番号2958番原文人見而|言害目不為|夢谷|不止見与|我戀将息訓読人の見て言とがめせぬ夢にだにやまず見えこそ我が恋やまむかな読みひとのみて|こととがめせぬ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2958S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2958S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2958S番について歌番号2958異伝歌番原文人目多|直者不相訓読人目多み直には逢はずかな読みひとめおほみ|ただにはあはずカタカナ読みヒトメオホミ|タダニハアハズローマ字読...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2932番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2932番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2932番について歌番号2932番原文情庭|燎而念杼|虚蝉之|人目乎繁|妹尓不相鴨訓読心には燃えて思へどうつせみの人目を繁み妹に逢はぬかもかな読みこころには|もえておもへど|...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2910番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2910番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2910番について歌番号2910番原文心者|千重百重|思有杼|人目乎多見|妹尓不相可母訓読心には千重に百重に思へれど人目を多み妹に逢はぬかもかな読みこころには|ちへにももへに...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2911番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2911番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2911番について歌番号2911番原文人目多見|眼社忍礼|小毛|心中尓|吾念莫國訓読人目多み目こそ忍ぶれすくなくも心のうちに我が思はなくにかな読みひとめおほみ|めこそしのぶれ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2912番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2912番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2912番について歌番号2912番原文人見而|事害目不為|夢尓吾|今夜将至|屋戸閇勿勤訓読人の見て言とがめせぬ夢に我れ今夜至らむ宿閉すなゆめかな読みひとのみて|こととがめせぬ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2873番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2873番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2873番について歌番号2873番原文里人毛|謂告我祢|縦咲也思|戀而毛将死|誰名将有哉訓読里人も語り継ぐがねよしゑやし恋ひても死なむ誰が名ならめやかな読みさとびとも|かたり...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2876番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2876番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2876番について歌番号2876番原文里近|家應居|此吾目之|人目乎為乍|戀繁口訓読里近く家や居るべきこの我が目の人目をしつつ恋の繁けくかな読みさとちかく|いへやをるべき|こ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2851番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2851番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2851番について歌番号2851番原文人所見|表結|人不見|裏紐開|戀日太訓読人の見る上は結びて人の見ぬ下紐開けて恋ふる日ぞ多きかな読みひとのみる|うへはむすびて|ひとのみぬ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2861番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2861番について歌番号2861番原文礒上|生小松|名惜|人不知|戀渡鴨訓読礒の上に生ふる小松の名を惜しみ人に知らえず恋ひわたるかもかな読みいそのうへに|おふるこまつの|なを...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2861S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2861S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2861S番について歌番号2861異伝歌番原文巌上尓|立小松|名惜|人尓者不云|戀渡鴨訓読岩の上に立てる小松の名を惜しみ人には言はず恋ひわたるかもかな読みいはのうへに|たて...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2828番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2828番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2828番について歌番号2828番原文紅之|深染乃衣乎|下著者|人之見久尓|仁寳比将出鴨訓読紅の深染めの衣を下に着ば人の見らくににほひ出でむかもかな読みくれなゐの|こそめのき...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2778番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2778番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2778番について歌番号2778番原文水底尓|生玉藻之|生不出|縦比者|如是而将通訓読水底に生ふる玉藻の生ひ出でずよしこのころはかくて通はむかな読みみなそこに|おふるたまもの...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2788番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2788番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2788番について歌番号2788番原文生緒尓|念者苦|玉緒乃|絶天乱名|知者知友訓読息の緒に思へば苦し玉の緒の絶えて乱れな知らば知るともかな読みいきのをに|おもへばくるし|た...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2791番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2791番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2791番について歌番号2791番原文片絲用|貫有玉之|緒乎弱|乱哉為南|人之可知訓読片糸もち貫きたる玉の緒を弱み乱れやしなむ人の知るべくかな読みかたいともち|ぬきたるたまの...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2794番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2794番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2794番について歌番号2794番原文隠津之|澤立見尓有|石根従毛|達而念|君尓相巻者訓読隠り津の沢たつみなる岩根ゆも通してぞ思ふ君に逢はまくはかな読みこもりづの|さはたつみ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1385番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1385番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1385番について歌番号1385番原文真鉇持|弓削河原之|埋木之|不可顕|事不有君訓読真鉋持ち弓削の川原の埋れ木のあらはるましじきことにあらなくにかな読みまか...
タイトルとURLをコピーしました