万葉集3376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3376番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3376番について

歌番号

3376番

原文

古非思家波|素弖毛布良武乎|牟射志野乃|宇家良我波奈乃|伊呂尓豆奈由米

訓読

恋しけば袖も振らむを武蔵野のうけらが花の色に出なゆめ

かな読み

こひしけば|そでもふらむを|むざしのの|うけらがはなの|いろにづなゆめ

カタカナ読み

コヒシケバ|ソデモフラムヲ|ムザシノノ|ウケラガハナノ|イロニヅナユメ

ローマ字読み|大文字

KOHISHIKEBA|SODEMOFURAMUO|MUZASHINONO|UKERAGAHANANO|IRONIZUNAYUME

ローマ字読み|小文字

kohishikeba|sodemofuramuo|muzashinono|ukeragahanano|ironizunayume

左注|左註

或本歌曰|伊可尓思弖|古非波可伊毛尓|武蔵野乃|宇家良我波奈乃|伊呂尓R受安良牟|右九首武蔵國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|埼玉県|東京都|地名|植物|尫柜蹋|人目|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

こひしけば,[寛]こひしけは,
そでもふらむを,[寛]そてもふらむを,
むざしのの,[寛]むさしのの,
うけらがはなの,[寛]うけらかはなの,
いろにづなゆめ,[寛]いろにつなゆめ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました