万葉集2788番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2788番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2788番について

歌番号

2788番

原文

生緒尓|念者苦|玉緒乃|絶天乱名|知者知友

訓読

息の緒に思へば苦し玉の緒の絶えて乱れな知らば知るとも

かな読み

いきのをに|おもへばくるし|たまのをの|たえてみだれな|しらばしるとも

カタカナ読み

イキノヲニ|オモヘバクルシ|タマノヲノ|タエテミダレナ|シラバシルトモ

ローマ字読み|大文字

IKINONI|OMOHEBAKURUSHI|TAMANONO|TAETEMIDARENA|SHIRABASHIRUTOMO

ローマ字読み|小文字

ikinoni|omohebakurushi|tamanono|taetemidarena|shirabashirutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|人目

校異

特に無し

寛永版本

いきのをに,[寛]いおのをに,
おもへばくるし,[寛]おもへはくるし,
たまのをの[寛],
たえてみだれな,[寛]たえてみたれな,
しらばしるとも,[寛]しらはしるとも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました