万葉集3108番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3108番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3108番について

歌番号

3108番

原文

空蝉之|人目繁者|夜干玉之|夜夢乎|次而所見欲

訓読

うつせみの人目繁くはぬばたまの夜の夢にを継ぎて見えこそ

かな読み

うつせみの|ひとめしげくは|ぬばたまの|よるのいめにを|つぎてみえこそ

カタカナ読み

ウツセミノ|ヒトメシゲクハ|ヌバタマノ|ヨルノイメニヲ|ツギテミエコソ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|HITOMESHIGEKUHA|NUBATAMANO|YORUNOIMENIO|TSUGITEMIEKOSO

ローマ字読み|小文字

utsusemino|hitomeshigekuha|nubatamano|yorunoimenio|tsugitemiekoso

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|人目|尫柜蹋|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うつせみの[寛],
ひとめしげくは,[寛]ひとめしけくは,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よるのいめにを,[寛]よるのゆめにを,
つぎてみえこそ,[寛]つきてみまなし,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました