万葉集3463番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3463番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3463番について

歌番号

3463番

原文

麻等保久能|野尓毛安波奈牟|己許呂奈久|佐刀乃美奈可尓|安敝流世奈可母

訓読

ま遠くの野にも逢はなむ心なく里のみ中に逢へる背なかも

かな読み

まとほくの|のにもあはなむ|こころなく|さとのみなかに|あへるせなかも

カタカナ読み

マトホクノ|ノニモアハナム|ココロナク|サトノミナカニ|アヘルセナカモ

ローマ字読み|大文字

MATOHOKUNO|NONIMOAHANAMU|KOKORONAKU|SATONOMINAKANI|AHERUSENAKAMO

ローマ字読み|小文字

matohokuno|nonimoahanamu|kokoronaku|satonominakani|aherusenakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|人目|尫柜蹋|恋愛|女歌

校異

特に無し

寛永版本

まとほくの[寛],
のにもあはなむ[寛],
こころなく[寛],
さとのみなかに,[寛]さとのみなかみ,
あへるせなかも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました