万葉集3104番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3104番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3104番について

歌番号

3104番

原文

将相者|千遍雖念|蟻通|人眼乎多|戀乍衣居

訓読

逢はむとは千度思へどあり通ふ人目を多み恋つつぞ居る

かな読み

あはむとは|ちたびおもへど|ありがよふ|ひとめをおほみ|こひつつぞをる

カタカナ読み

アハムトハ|チタビオモヘド|アリガヨフ|ヒトメヲオホミ|コヒツツゾヲル

ローマ字読み|大文字

AHAMUTOHA|CHITABIOMOHEDO|ARIGAYOFU|HITOMEOHOMI|KOHITSUTSUZORU

ローマ字読み|小文字

ahamutoha|chitabiomohedo|arigayofu|hitomeohomi|kohitsutsuzoru

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

人目|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

あはむとは[寛],
ちたびおもへど,[寛]ちへにおもへと,
ありがよふ,[寛]ありかよふ,
ひとめをおほみ[寛],
こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました