万葉集3077番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3077番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3077番について

歌番号

3077番

原文

三佐呉集|荒礒尓生流|勿謂藻乃|吉名者不<告>|父母者知鞆

訓読

みさご居る荒礒に生ふるなのりそのよし名は告らじ親は知るとも

かな読み

みさごゐる|ありそにおふる|なのりその|よしなはのらじ|おやはしるとも

カタカナ読み

ミサゴヰル|アリソニオフル|ナノリソノ|ヨシナハノラジ|オヤハシルトモ

ローマ字読み|大文字

MISAGOIRU|ARISONIOFURU|NANORISONO|YOSHINAHANORAJI|OYAHASHIRUTOMO

ローマ字読み|小文字

misagoiru|arisoniofuru|nanorisono|yoshinahanoraji|oyahashirutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|植物|序詞|恋情|人目

校異

吉->告【類】【紀】|鞆【元】【類】(塙)(楓)等毛

寛永版本

みさごゐる,[寛]みさこゐる,
ありそにおふる,[寛]あらいそにおふる,
なのりその[寛],
よしなはのらじ,[寛]よしなはのらし,
おやはしるとも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました