万葉集3803番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3803番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3803番について

歌番号

3803番

原文

隠耳|戀<者>辛苦|山葉従|出来月之|顕者如何

訓読

隠りのみ恋ふれば苦し山の端ゆ出でくる月の顕さばいかに

かな読み

こもりのみ|こふればくるし|やまのはゆ|いでくるつきの|あらはさばいかに

カタカナ読み

コモリノミ|コフレバクルシ|ヤマノハユ|イデクルツキノ|アラハサバイカニ

ローマ字読み|大文字

KOMORINOMI|KOFUREBAKURUSHI|YAMANOHAYU|IDEKURUTSUKINO|ARAHASABAIKANI

ローマ字読み|小文字

komorinomi|kofurebakurushi|yamanohayu|idekurutsukino|arahasabaikani

左注|左註

右或云|男有答歌者|未得探求也

事項|分類・ジャンル

雑歌|物語|歌物語|密会|婚姻|女歌|人目

校異

->者【類】【古】【温】|歌【西】謌

寛永版本

こもりのみ,[寛]したにのみ,
こふればくるし,[寛]こふれはくるし,
やまのはゆ,[寛]やまのはに,
いでくるつきの,[寛]いてくるつきの,
あらはさばいかに,[寛]あらはれはいかに,

巻数

第16巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました