万葉集2947S1番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2947S1番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2947S1番について

歌番号

2947異伝歌1番

原文

門出而|吾反側乎|人見<監>可毛|[一云|無乏|出行|家當見]

訓読

門に出でて我が臥い伏すを人見けむかも|[一云|すべをなみ出でてぞ行きし家のあたり見に]

かな読み

かどにいでて|わがこいふすを|ひとみけむかも|[|すべをなみ|いでてぞゆきし|いへのあたりみに]

カタカナ読み

カドニイデテ|ワガコイフスヲ|ヒトミケムカモ|[|スベヲナミ|イデテゾユキシ|イヘノアタリミニ]

ローマ字読み|大文字

KADONIIDETE|WAGAKOIFUSUO|HITOMIKEMUKAMO|[|SUBEONAMI|IDETEZOYUKISHI|IHENOATARIMINI]

ローマ字読み|小文字

kadoniidete|wagakoifusuo|hitomikemukamo|[|subeonami|idetezoyukishi|ihenoatarimini]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝|或本|恋情|尫柜蹋|人目

校異

特に無し

寛永版本

かどにいでて,[寛]かとにいてて,
わがこいふすを,[寛]わかこひふすを,
ひとみけむかも,[寛]ひとみけるかも,
[,すべをなみ,[寛]すへなくも,
いでてぞゆきし,[寛]いてあるきてそ,
いへのあたりみに],[寛]いへのあたりみし,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました