万葉集3021番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3021番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3021番について

歌番号

3021番

原文

絶沼之|下従者将戀|市白久|人之可知|歎為米也母

訓読

隠り沼の下ゆは恋ひむいちしろく人の知るべく嘆きせめやも

かな読み

こもりぬの|したゆはこひむ|いちしろく|ひとのしるべく|なげきせめやも

カタカナ読み

コモリヌノ|シタユハコヒム|イチシロク|ヒトノシルベク|ナゲキセメヤモ

ローマ字読み|大文字

KOMORINUNO|SHITAYUHAKOHIMU|ICHISHIROKU|HITONOSHIRUBEKU|NAGEKISEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

komorinuno|shitayuhakohimu|ichishiroku|hitonoshirubeku|nagekisemeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|尫柜蹋|人目|恋情

校異

特に無し

寛永版本

こもりぬの[寛],
したゆはこひむ,[寛]したにはこひは,
いちしろく[寛],
ひとのしるべく,[寛]ひとのしるへく,
なげきせめやも,[寛]なけきせめやも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました