万葉集2778番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2778番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2778番について

歌番号

2778番

原文

水底尓|生玉藻之|生不出|縦比者|如是而将通

訓読

水底に生ふる玉藻の生ひ出でずよしこのころはかくて通はむ

かな読み

みなそこに|おふるたまもの|おひいでず|よしこのころは|かくてかよはむ

カタカナ読み

ミナソコニ|オフルタマモノ|オヒイデズ|ヨシコノコロハ|カクテカヨハム

ローマ字読み|大文字

MINASOKONI|OFURUTAMAMONO|OHIIDEZU|YOSHIKONOKOROHA|KAKUTEKAYOHAMU

ローマ字読み|小文字

minasokoni|ofurutamamono|ohiidezu|yoshikonokoroha|kakutekayohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|尫柜蹋|人目|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

みなそこに[寛],
おふるたまもの[寛],
おひいでず,[寛]おひていてす,
よしこのころは[寛],
かくてかよはむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました