万葉集3358S1番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3358S1番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3358S1番について

歌番号

3358異伝歌1番

原文

麻可奈思美|奴良久波思家良久|佐奈良久波|伊豆能多可祢能|奈流佐波奈須与

訓読

ま愛しみ寝らくはしけらくさ鳴らくは伊豆の高嶺の鳴沢なすよ

かな読み

まかなしみ|ぬらくはしけらく|さならくは|いづのたかねの|なるさはなすよ

カタカナ読み

マカナシミ|ヌラクハシケラク|サナラクハ|イヅノタカネノ|ナルサハナスヨ

ローマ字読み|大文字

MAKANASHIMI|NURAKUHASHIKERAKU|SANARAKUHA|IZUNOTAKANENO|NARUSAHANASUYO

ローマ字読み|小文字

makanashimi|nurakuhashikeraku|sanarakuha|izunotakaneno|narusahanasuyo

左注|左註

右五首駿河國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|静岡県|地名|伊豆|天城山|尫柜蹋|人目|恋愛|歌垣|民謡|歌謡

校異

特に無し

寛永版本

まかなしみ[寛],
ぬらくはしけらく[寛],
さならくは,[寛]ならくは,
いづのたかねの,[寛]いつのたかねの,
なるさはなすよ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました