万葉集2861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2861番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2861番について

歌番号

2861番

原文

礒上|生小松|名惜|人不知|戀渡鴨

訓読

礒の上に生ふる小松の名を惜しみ人に知らえず恋ひわたるかも

かな読み

いそのうへに|おふるこまつの|なををしみ|ひとにしらえず|こひわたるかも

カタカナ読み

イソノウヘニ|オフルコマツノ|ナヲヲシミ|ヒトニシラエズ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

ISONOHENI|OFURUKOMATSUNO|NAOSHIMI|HITONISHIRAEZU|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

isonoheni|ofurukomatsuno|naoshimi|hitonishiraezu|kohiwatarukamo

左注|左註

或本歌曰|巌上尓|立小松|名惜|人尓者不云|戀渡鴨|右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|人目|尫柜蹋|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

いそのうへに[寛],
おふるこまつの[寛],
なををしみ[寛],
ひとにしらえず,[寛]ひとにしられす,
こひわたるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました